CAREERS

INTERVIEW – Daniel Feldhaus

今までの経歴・プロフィール

ハワイで生まれた日系三世のアメリカ人です。大学ではUCLAでロシア学を専攻し、その後、MBAを取得しました。
日本には20年以上暮らしており、Carat に入社する前は、グローバルクライアント担当営業として電通に5年間勤めました。

Carat に入社を決められた理由

企業規模自体は大きくないが、成長する可能性が大いにあるところです。

現在の業務内容

ニュービジネスマネージャーとして、Carat のグローバルネットワークを通じて日本での新規クライアントの獲得に努めています。

Carat における仕事のやりがい

Carat の主なコミュニケーション言語は英語です。自分の母国語を活かして仕事ができること、それにより活躍の幅を広げていける点にやりがいを感じます。

これからやっていきたいこと

今後は、日本市場における Carat のビジネス拡大だけではなく、電通イージス・ネットワークを通してクロスボーダーな新規ビジネスを立ち上げていきたいと考えています。

Carat の社風・制度など魅力だと感じる点

ワークライフバランスを大切に考え、フレックスタイム・ドレスコード・仕事のスタイルなどに関して、従業員に多くの裁量があり、柔軟に対応していることが魅力だと思います。

Carat で働くということは?

日本市場での成長が期待できる Carat という会社を、自分の知見・経験・スキルで、アシストできる好機を得られたということです。

Carat を一言で表すと?

「懸け橋」です。電通イージス・ネットワークの多くの海外クライアントにとって、Carat Japanは日本市場への懸け橋の役目を持っています。
BACK TO TOP